3ステップでわかる!Mavic Air 2のプロペラ付け方




Mavic Air 2のプロペラ付け方は??

DJIのMavic Air 2を飛ばすためには、プロペラを取り付ける必要があります。

「プロペラつけるなんて簡単そうじゃん」

と思うかもしれませんが、油断することなかれ。

プロペラが2種類あり、取り付け位置も決まっていて、割と複雑だったのです!

 

ブレードを広げる

まずはMavic Air 2のブレードを広げましょう。

 

AとBのプロペラを用意する

そして、Mavic Air 2のプロペラは2種類あり、

  • プロペラA
  • プロペラB

の2つ。

もちろん、プロペラAはモーターAに、プロペラBはモーターBに取り付けねばなりません。

この2種類のプロペラをどうやって見分けるのかというと、プロペラの中心にある「白いマーク」に注目してください。

「白いマーク」が入っているものは「プロペラA」、マークなしのものは「プロペラB」に分類されます。

そして、プロペラA・Bをどこにつければいいのかというと、下図のようになりますね。

対角線上にプロペラを所定のモーターの位置につけましょう。

 

 

プロペラをつける

プロペラの種類と取り付け位置がわかったところで、いよいよMavic Air 2のアーム先のモーターに取り付けていきます。

プロペラを広げて、モーターに押し込んで回すだけ。

固定されて動かなくなるまで回すんですね。

これでプロペラの取り付けは完了です。

Mavic Air 2にプロペラを取り付ける作業は割と重要で、ドローンの飛行安定性を左右する重要な儀式です。

Mavic Air 2を飛ばす前にもプロペラのチェックのアラートが飛んできますから、プロペラの取り付け方はすべてのオペレーターがマスターしておくべきなのエス。

しっかりプロペラを取り付けてた上、Mavic Air 2でドローンライフを楽しんでみてください。

詳しくは「Mavic Air 2の取り扱い説明書」も読んでみてください。

 

それでは!

Ken




ドローン検定を過去問で攻略!
ドローン検定1~4級の過去問セットPDF

ドローンの学習に興味がある方はドローン検定がおすすめ。難易度の把握、学習のおともに過去問をどうぞ。スタドロンのメルマガに登録した方に無料でプレゼント。