保管力アップ!Mavic Air 2のプロペラホルダーの使い方




 

Mavic Air 2を持ち運ぶ際に重宝するのが

プロペラホルダー

というアイテムです。

Mavic Air 2はプロペラを編むを折りたたむと非常にコンパクトになるものの、肝心のプロペラはフリーのまま。

持ち運び時にプロペラがプラプラして何かに衝突させて破損したり、折れ曲がったりする危険は0ではありません。

プロペラは繊細なパーツだからこそ丁重に保護ところです。

今回紹介するプロペラホルダーを活用すると、

Mavic Air 2のプロペラを機体本体に密着させて固定できるのです。

「プロペラを外してからドローンを持ち運ぶ」という手段もありますが、ご存知の通りプロペラ着脱作業は案外めんどくさいものですので、できればプロペラをつけたままMavic Air 2を運びたいところです。

 

Mavic Air 2のプロペラホルダーの使い方

Mavic Air 2用のプロペラホルダーは上下二つのパーツに分かれています。

上のプロペラホルダーがバンド型、もう一方がゴム型ですね。

これらを別々にMavic Air 2の機体本体の上と下につけていきます。

 

上のプロペラホルダーをつける

まずは上のプロペラホルダー(バンド)からつけていきましょう。

上のバンドをまずはこの向きで機体に取り付けます。

ちょうど左右のプラスチック部分をアーム左右に装着させ、ゴムのバンドを上から通します。

そして、このバンドの下にプロペラの先っちょを固定すりゃ、上のプロペラ2枚は動きません。

 

下のプロペラホルダーをつける

お次は下のプロペラホルダーですね。

まずはプロペラのさきっちょをプロペラホルダーのゴムパーツの上にあいている穴に差し込みます。

その状態でプロペラホルダーを押し上げ、ゴムのパーツの左右の溝がMavic Air 2の下にございます山にちょうど合うように差し込んでいきます。

そうすると、このように下のプロペラ2枚がプロペラホルダー1つで綺麗にまとめられるのです。

この状態なら、プロペラは収納されていて鋭利な部分は隠されています。

固定されているので、プロペラを傷つける恐れも軽減しましたね。

 

以上のように、Mavic Air 2のプロペラホルダーを活用すると、ドローン本体をプロペラごとコンパクトに収納できます。

Mavic Air 2を持ち運んで地球のあちこちで空撮をご希望の方は、プロペラホルダーも併せてご活用くださいませ。

 

それでは!

Ken

 

【参考記事】




ドローン検定を過去問で攻略!
ドローン検定1~4級の過去問セットPDF

ドローンの学習に興味がある方はドローン検定がおすすめ。難易度の把握、学習のおともに過去問をどうぞ。スタドロンのメルマガに登録した方に無料でプレゼント。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。