なぜ FPV ドローンレースには第4級アマチュア無線技士が必要なのか??




FPV ドローンレースには第4級アマチュア無線技士が必要??

どうも、Kenです。100円玉、絞り出してます。

 

ドローンからの映像を見ながら操作できる FPV ドローン。

ドローン FPVを操作するためには、

アマチュア無線技士4級の免許が必要

と言われていますが、それはなぜなのでしょうか??

 

僕は何も考えずとりあえずアマチュア無線技士4級の資格を取りましたが、ここで一旦冷静になって、

なぜこの第4級アマチュア無線技士が必要になるのか??

を振り返ってみようと思います。

 

ズバリ言ってしまうと、FPVドローンでは、

許可なしで使うと電波法違法になる高い周波数の電波を利用するから

です。

 

アマチュア無線 4級 ドローン

 

具体的に言うと、

5.8 GHz という ETC で使われている周波数の電波

を使うことになり、総務省に許可をとらねばならないのです。

その許可を取るためにアマチュア無線技士の免許が必要になってくるわけですね。

アマチュア無線技士の免許をもっていれば何級でも構わないので、その中で最も簡単な4級の資格が FPV ドローンレースのために取得されることが多いわけです。

 

なぜ高い周波数の5.8GHzをFPVドローンで使うのか??

ここで気になってくるのが、

なぜ高い周波数の電波を使わなければ FPV ドローンが操作できないのか?

ですよね。

実は 、FPV ドローンのカメラから映像を操縦者に転送するときに、この5.8GHzの周波数を使うことになります。

 

アマチュア無線 4級 ドローン

 

Wi-Fi などでお馴染みの2.4 GHz という映像の送信方法もあるのですが、これだと映像の転送に遅延が発生してしまいます。

つまり、

FPV映像とドローンの現在位置が若干食い違ってきてしまいます。

 

アマチュア無線 4級 ドローン

 

ドローンが見ているものと、操縦者が見ているものがずれるとドローンレースに支障が出てくるのです。

カーブで曲がろうと思って舵を切ったら、すでにそのカーブは数秒前に過ぎていた、みたいな悲劇が起こり得ます。

 

ただ、Wi-Fiと同じ2.4 GHz という電波で映像転送は全く使われていないわけではなく、

FPV ドローン以外の一般的なドローンで映像の転送に使われています。

空撮の映像ならば映像が遅延しても問題ないからですね。

そのため、2.4GHzの周波数を使う一般的なドローンは免許を取らなくても使っていいのです。

 

そこで出てきたのが5.8 GHz の高周波数の電波を使った映像転送方法です。

2.4GHzよりも転送できる情報が多いので、リアルタイムに近い、遅延が少ない映像をドローンの操縦士にカメラから送れるわけですね。

 

アマチュア無線 4級 ドローン

 

また映像転送に使われるVTX というパーツの軽さもあるようです。

5.8 GHz の高周波数のVTXの方が軽量なので、ドローンレースに用いられやすいう事情もあるようです。

 

 

5.8 GHz の高周波数を使うために必要なもの

ということで、 FPV ドローンレースには5.8 GHz の高周波数の電波を使うことがわかりました。

そのためには、

無線局の開局申請

が必要になってきます。

 

これは簡単に言ってしまえば、

高周波数を利用する許可を取るようなもの。

開局申請にはアマチュア無線技士4級以上の免許が必要になってくるわけです。

アマチュア無線 4級 ドローン

 

別にアマチュア無線技士3級でもいいのですが、4級の方が簡単なので FPV ドローンレースに出るために取得されやすい資格になっています。

「ドローンレースマガジンVol.1」ではわかりやすい例えがされていて、

自動車に例えるなら、車の免許がアマチュア無線技士4級の免許にあたり、車検が無線局の開局申請に当たる

と書いてありました。

 

自動車を運転するために運転免許は必要なのと同じで、まずはFPV ドローンを操作するためにはまずアマチュア無線技士の資格を取らなければなりません。

そして、免許に加えて必要になってくるのが、自動車で言うと車検ですよね。

車がちゃんと整備されていて動くのか確認してもらう必要があるわけです。

 

それと同じで、FPV ドローンレースでもアマチュア無線技士免許を取得しただけでは不十分。

免許を使って、無線局を開局しなければなりません。

開局して初めて高い周波数の電波を使う許可が下りるわけです。

アマチュア無線技士免許の取得には1か月ほどかかりますので、FPV ドローンレースに興味がある方は早めに動き出して提供して免許取得することをおすすめします。

よかったらアマチュア無線技士4級の独学勉強法も読んでみてください。

 

それでは!

Ken




ドローン検定を過去問で攻略!
ドローン検定1~4級の過去問セットPDF

ドローンの学習に興味がある方はドローン検定がおすすめ。難易度の把握、学習のおともに過去問をどうぞ。スタドロンのメルマガに登録した方に無料でプレゼント。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。