ドローン操作の練習に最適!ミニドローンHubsan X4の使い方




ドローン操作の練習がしたい!けど規制めんどい!

おそらく世の中には

「ドローンに興味があるけど、いきなりでかいドローンはちょっと・・・・」

「規制対象にならない小さいドローンを飛ばしたいなー」

という方がいるかもしれません。

 

ドローンに興味あるっちゃあるけど、まだ一歩を踏み出していない「ドローン予備軍」の方々ですね。

そんな紳士淑女におすすめなのが、

「Hubsan X4」というミニドローンを飛ばしてみることです。

 

こちらのドローンは規制の対象となっている機体重量200g以下。

地主の許可さえ取れば、許可申請せずとも飛ばせる機体です。

いや、むしろ家の中だって飛ばせる超小型のドローンですね。

 

ブレードガードも付いていて比較的安全。

操作も簡単なので、ドローン初心者にはオススメです。

僕自身、「Hubsan X4」を飛ばしてみたので、今日はその概要と使い方を紹介します。

Hubsan X4とはどんなミニドローン??

Hubsan X4は次のようなスペック。

およそ「10cm四方」の大きさで、

質量は「49.7g」ありましたね。

付属品は

  • ドローン本体
  • プロペラガード
  • プロベラの替え
  • 充電用のUSBケーブル
  • micro SDカード

でした。

なぜ「micro SDカード」まで付属されているかというと、

動画撮影できる機能もあるからです。

動画を保存するためにSDカードを使ってくれよ

ってわけですね。

 

ミニドローンHubsan X4の使い方

ミニドローンHubsan X4はだいたい次のような感じ。

 

充電する

まずはドローン本体を充電。

USBケーブルを電源プラグにさします。

ドローン本体から伸びているケーブルに接続すりゃいいのですね。

充電に成功すると、USBケーブルの先端が赤く光るでしょう。

 

スタンバイ

あとはスタンバイするだけ。

USBケーブルを取り外し、本体から伸びている2つのケーブルに「カチッ」とはめて接続します。

すると、ブレードの真下にあるLEDが点灯するでしょう。

この状態でドローンの出発点に本体を置いてあげましょう。

 

プロポを操作する

準備ができたら、プロポでドローンを操作していくだけ。

ポイントはスイッチのオンの方法。

 

まず右スティックを下にした状態で、真ん中のスイッチをオン。

プロポとドローン本体がペアリングされて通信接続され、ドローン本体の操作が可能です。

プロポは「モード1」になっていて、ドローンレースで使われる「モード2」とは操作方法が異なりますのでご注意くださいませ。

 

トリム調整を行う

実際にドローンを操作して、

「あれ、操作した方向とは違う方向にそれるなあ・・・」

というハプニングが起こるかもしれません。

 

操作通りにドローンが進まない時は「トリム調整」が必須。

プロポのスティック下にある矢印のボタンを調整することで、

  • プロポの入力
  • ドローンの出力

を調整します。

トリム操作で難しいのは、ドローンを「50cm浮上させて」トリム操作をおこなう点です。

ドローンを操作しつつ、かつ、トリム調整をするので苦戦するかもしれません。

 

 

Hubsan X4が飛ばなくなったら過放電の可能性が・・・!

以上、ミニドローンHubsan X4の使い方でした。

 

場合によっては、

「あれ、上昇しないぞ・・・・」

「飛ばなくなっちゃった・・・・」

という方がいるかもしれません。

そういう方は

バッテリーの過放電

を疑うといいでしょう。

 

「バッテリーの過放電」とは、

バッテリーを使いすぎて使えなくなってしまう現象

のこと。

バッテリー残量がないにもかかわらず、ドローンを飛ばしすぎたり、スロットルを急激に上げすぎたりすると、過放電が起きるのです。

 

過放電は「バッテリーの死」を意味するので、ドローンを充電しても上昇しなくなります。

過放電になったバッテリーは「神でも蘇生できない」ので、バッテリーを新調せねばなりませんね。

くれぐれもドローンの充電がなくなってきたら無理に飛ばさないようにしましょう。

 

それでは!

Ken




ドローン検定を過去問で攻略!
ドローン検定1~4級の過去問セットPDF

ドローンの学習に興味がある方はドローン検定がおすすめ。難易度の把握、学習のおともに過去問をどうぞ。スタドロンのメルマガに登録した方に無料でプレゼント。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。