【ドローンリーグ】レーサーライセンス(ホワイト)取得方法




 

「ドローンレースに興味があるけど、どこから始めたらいいかわからない・・・!」

そんな方におすすめなのが、ドローン検定協会主催「DRONE LEAGUE (ドローンリーグ)」です。

初心者でも出場しやすい大会で、簡略化されたレースを開催しています。

 

僕自身、アマチュア無線技士4級を取得しましたが、まだレースに出場したことはありませんでした。

正直、ハードルが高すぎて、フリーズしちゃってたんですよね笑

そこで今回、ドローンリーグに挑戦することにしました。

 

なぜドローンリーグは初心者向けなのか?

ドローンリーグが初心者向けの理由。

それは、初心者レベルが用意されているからです。

 

ドローンリーグには

  • ホワイト
  • ブルー
  • レッド

という3レベルあり、一番簡単な「ホワイト」は

目視内レース

です。

 

つまり、ドローンを目でみて操作できるのです。

FPVゴーグルを使わないので、アマチュア無線の資格は必要ありません。

自作ドローンもなくて大丈夫。

 

ただ、その上のレベルの「ブルー」は目視外飛行のFPVレース。

「レッド」はプロレースと呼ばれるハイレベルな戦いです。

それぞれのレベルごとに「異なるルール」が存在しているのです。

 

2019年9月から始まったドローンリーグの大会は、これまですべて「ホワイト」の大会。

まだ始まったばっかりなのでホワイトしかありませんが、これからブルー・レッドの大会が増えるかもしれません。

 

ドローンリーグ(ホワイト)に参加する資格は?

ただし、です。

ホワイトに参加するためには、3つの資格が必要です。

 

ドローン検定4級以上

ドローン検定「4級以上」に合格する必要があります。

ドローンリーグに出場したい方は「ドローン検定4級」から挑戦するといいでしょう。

出題範囲が少なく、計算問題が省かれているので最も突破しやすい階級です。

 

基礎技能講習

しかしながら、ドローンの知識を頭に入れるだけではドローンリーグに参加できません。

ここで必要になってくるのが「基礎技能講習」です。

これは、ドローン検定協会主催のドローンスクール。

講習は2日間にわけて、10時間のドローン飛行経験が得られます。

 

シミュレーターソフト「リアルフライト」を使い、10時間の飛行を初心者でも経験できる講習なのです。

僕も先日、基礎技能講習をなんとかクリアしてきました。

正直「地獄」でしたが、10時間の飛行経験が得られ、飛行許可申請を国土交通省に提出できるようになりました。

 

ドローンレーサーライセンスを取得する

なぜ基礎技能講習が必要なのでしょうか?

それは「ドローンレーサーライセンスの講習」の受講に必要だったからです。

ドローンリーグに参戦するためには、講習を受けてライセンスを取得せねばなりません。

 

 

2時間のオンライン講習を受講し、試験に合格するとレーサーライセンスを取得できます。

この資格さえあれば、ドローンリーグの「ホワイト」レースに出場できるのです。

 

ただし、このライセンス講習はホワイトのみ。

その上の「ブルー」「レッド」になると、別のレギュレーションが必要なので、その度に講習に参加しないといけないでしょうけど。

動画を見た後の確認テストは難しくなく、まず100点取れるでしょう。

 

 

ドローンリーグ参加にいくらかかったのか?

ふぅ。

これでやっとドローンリーグ(ホワイト)の参加資格を得られました。

せっかくレーサーライセンスを取りましたので、ドローンリーグでデビューしてみたいと思います。

 

ちなみに、ライセンス取得にかかった金額を整理してみると、

  • ドローン検定4級:3000円
  • 基礎技能講習:69,800円
  • レーサーライセンス講習:13,750円

合計、

86,550円

かかりましたよ。

 

こうやって整理すると、結構お金かかりましたね。

ただし、金がかかっただけではなく、参加資格を得るために

  • ドローンの知識を学べた
  • 10時間の飛行ログを取得

などの収穫がありましたので、よしとしましょう。

 

「ドローンレースに興味があるけれども、どこから始めたらいいかわからない」

という方は、ドローンリーグに挑戦してみてはいかがですか。

 

それでは!

Ken




ドローン検定を過去問で攻略!
ドローン検定1~4級の過去問セットPDF

ドローンの学習に興味がある方はドローン検定がおすすめ。難易度の把握、学習のおともに過去問をどうぞ。スタドロンのメルマガに登録した方に無料でプレゼント。