飛行許可申請におけるドローン重量の計算方法〜空虚重量・積載重量・最大離陸重量の違い〜




 ドローン重量を計算する方法は?

ドローン検定1・2級には「ドローン重量」に関する計算問題が出てきます。

例えば次の問題。

空虚重量が15kg、追加装備の重量が2kg、燃料の重量が3kg、積載物の重量が1kgの場合、飛行許可申請を国土交通省に提出する場合の機体重量を計算しなさい。

 

この問題で求められている「飛行許可申請におけるドローン重量」は次の計算式で求めるといいですよ。

ズバリ、

(空虚重量)+(燃料の重量)

です。

例題でいうと、

  • 空虚重量 5 kg
  • 燃料の重量 3kg

だったので、

$$(空虚重量)+(燃料の重量)$$$$= 5 + 3$$

$$= 8  [kg]$$

が正解ですね。

こんな感じで、「空虚重量」に「燃料の重量」を足すだけですから簡単です。

 

それではなぜこのように計算できるでしょうか。

まずはドローンの重量に関する基礎知識を復習しましょう。

 

ドローンの重量の復習

ドローンの総重量は「最大離陸重量」と呼ばれるもの。

その内訳は

  1. 空虚重量
  2. 積載重量

にわかれます。

 

 

まず「空虚重量」。

これはドローンの動力装置の重さですね。

例えば、エンジンなどの動力、ブレードやアームなどドローン本体の重さを合計して「空虚重量」とします。

ちなみに、動力に必要な配管内に満たすべき燃料の重さも含まれますね。

 

一方、「積載重量」は次の3つからなっています。

  1. バッテリー・燃料の重量
  2. ペイロード(運ぶ荷物の重さ)
  3. カメラなどの追加装備の重量

 

 

そして、国土交通省に申告するドローンの重量は、ドローン合計の「最大離陸重量」ではありません。

「空虚重量」に加えて、積載重量の一部である「燃料・バッテリーの重量」を足して計算するのです。

 

 

それゆえ、

(空虚重量)+(燃料の重量)

で許可申請時のドローン総重量を求められるのですね。

 

とどのつまり、

積載重量の「追加装備」「ペイロード」の重さは許可申請では加味されません。

カメラ、荷物がどれだけ重かろうが、許可申請におけるドローン重量には関係ないのです。

許可申請では、ドローン重量の定義が複雑です。許可申請前に計算方法を頭に入れておきましょう。

 

『ドローン検定計算ドリル』を作ってみたのでこちらもあわせて参考にしてみてください。

 

 

それでは!

Ken

 

【参考書籍】

 




ドローン検定を過去問で攻略!
ドローン検定1~4級の過去問セットPDF

ドローンの学習に興味がある方はドローン検定がおすすめ。難易度の把握、学習のおともに過去問をどうぞ。スタドロンのメルマガに登録した方に無料でプレゼント。