ドローン検定で狙われやすい!ドローンの機体の動き・操作の名称まとめ




ドローンの機体の動き・操作の名称ありすぎ!笑

ドローン検定3・4級で苦戦していたのが、

ドローン機体の動き・操作の名称

ですね。

エルロンとか、ラダーとか、エレベーターとか、スロットルとか、ロール?

カタカナが多くて覚えづらい!助けて!

 

ということで、今日は、この初心者が覚えづらい

ドローンの機体の動き操作の方法の名称をドローンの動きに合わせて整理してみました。

 

ドローンの機体の動き・操作の名称まとめ

ドローンの機体の動きは次の4つにわかれます。

  1. 前後
  2. 左右
  3. 回転
  4. 上昇下降

 

じつはそれぞれの操作に

  • 舵の名前
  • 動き自体の名前
  • 角度の名前

がついています。

ここでいう「舵」はドローンの方向を決めるための装置のこと。

船の舵なら船の向きを変える装置(あのぐるぐる回すやつ)で、ドローンの場合はプロポのスティック操作になります。

 

前後に動く場合

ドローンが前後に動く場合を考えてみましょう。

前後に動くための舵を「エレベーター」といい、このエレベーターを使えばドローンが前方に進んだりバックしたりできるのです。

 

 

モード2のプロポの場合は「右スティックの上下」がエレベーターの舵になります。

 

 

ちなみに、このエレベーターでドローンの操作を行うと、

横から見るとドローンは前後に傾くことになります。

エレベーター操作によりドローンが傾い角度のことを「ピッチ」と呼んでいますね。

 

 

左右に動く場合

ドローンが進行方向に対して左右に動く場合もありますよね。

左右に動くための舵は「エルロン」と呼んでいて、

モード2のプロポでは「右スティックの左右」になりますね。

ちなみに、エルロン操作による機体の傾きのことを「ロール」といい、

 

 

傾きの角度のことを「バンク角」と呼んでいます。

 

 

いやあ、ちょっと混乱してきたぞ。

 

回転する場合

ドローンは左右前後に動くだけでなく、回転もします。

回転する動きのための舵を「ラダー」といい、

 

 

回転の動き自体を「ヨー」または「ヨーイング」と呼んでいます。

 

 

さらにドローンが向いている方向を「ヘッディング」と言うのです。

 

 

 

このラダー操作はモード2のプロポでいうと、「左スティックの横」操作になりますね。

 

 

上昇下降する場合

最後にドローンが上昇、下降する場合です。

上昇下降するための舵のことを「スロットル」といい、日本語だと「昇降舵」と呼んでいるみたいです。

モード2のプロポなら「左スティックの上下」でスロットル操作になります。

 

ドローンの機体の動き・操作の名称は正直ややこしい

以上がドローンの機体の動き・操作の名称でしたね。

最後に整理しておくとこんな感じになります↓

ドローンの動き 舵名 角度・方向
前後 エレベーター ピッチ
左右 エルロン バンク角
回転 ラダー ヘディング
上下 スロットル

これらの名称と共に

プロポの操作はどこにあたるのか?

まで把握しておくと完璧でしょう。

ドローンレースで使われるモード2の場合はこのようになっていますよ↓

 

それでは!

Ken




ドローン検定を過去問で攻略!
ドローン検定1~4級の過去問セットPDF

ドローンの学習に興味がある方はドローン検定がおすすめ。難易度の把握、学習のおともに過去問をどうぞ。スタドロンのメルマガに登録した方に無料でプレゼント。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。